スプレーが廃れても挑戦する意識

壊れたらしょうがない

傍にシャンパンをおごってもらいました!

読了までの目安時間:約 2分

 

30代中盤のダディーだ。故郷に仲の良い呑みそばがいる。職種は誠にお客様!で、銀座で飲み歩くほどお金持ちな皆様だ。半月前のことですが、昼間正午ごろに起きてラインが来てたので返すといった着信が。「倦怠?来いよ~」と言われ、こちらは丁度倦怠だったので合流することに。お家から歩き15パイほどのところで合流し、まだまだ行ったことのないバーに連れて壊れました。周囲、こちらが来たのが非常に嬉しかったようでにっこり。そうして、シャンパン好みだろ?と言って、「ブーブクリコ」を開けてくれました!一本5
000円近くする高級なお酒だ!味は一塩。後々、一方的におごって買うのは悪いので、二次会で串カツ居酒屋をめぐって、そのときの飲み代2
000円ほどはこれが払いました。昼からお酒を満喫した、非常に楽しい一日でした!
久しぶりに誰にも言えないというドラマを見た。
当時は未だにストーカーという言い方は現下よりは浸透していなかったという。
こういうドラマは言わばストーカーが使命だったという。
昔の彼を忘れられずに、友達違う目当てといった嫁入りをしているのにも関わらず、横の自宅に越して現れるというところから始まる。
事柄も強烈だし、やる事なす事怖くてトリハダが立ちっぱなしだった。
現下、そんな内容のドラマをプログラムしたら不平ばかりかもしれないけど、果てしなく面白かった。
80層、90層は管理も緩くて現下によって明るいドラマが多い気がする。
次は何を見ようかなぁ。Amazonプライムも各種ドラマが見られるから心待ち。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed