スプレーが廃れても挑戦する意識

壊れたらしょうがない

日和が悪いとどうしてのぼるかも千差万別

読了までの目安時間:約 2分

 

悪天候の時って気合が上がらないという第三者は多いのではないでしょうか。
但し、逆に悪天候の方が決心が起きる第三者もいるのも事実です。
たとえば土砂降りが降っておるお日様に、土砂降りで訪問ができないなら家でやらなくてはならないことを決める!といった胸中がついたり、
土砂降り動画を音楽に読書や手芸をしちゃおうなんて思ったり。
悪天候も時々嬉しいスパイスだ。たまには傘をさしてお出かけしちゃうのもリラックスになるかもしれませんしね!
天気が悪くて…って悪天候を言い訳に扱うのはちょっとお門違いなのでは?ということが近年よくあります。
どういう気候にも応用し、利用できるぐらいになりたいものです。
親子が間違えて、豆乳を買ってきてしまいました。家屋では母乳も概して呑む慣行がないのでどうした方法だろう、って悩んでいたのですが、刻々と賞味期限が差し迫るばっかり。
思わず、とっくに知人宅で料理になったカプチーノのことを思い起こし、「こんな感じで…」といった豆乳を温めてみました。豆乳には泡立ち成分のサポニンが入っているので、ちょい振るとスゴイもこもこになります。それをマグに開けて幅で加熱し、仕上げにシナモンを振れば「豆乳ラテ」とも言える感じになりました。
こういうコーディネートがほとんど当たりで上手く、「時に自分でも買ってみようかな?」というまでになってしまいました。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed